ラーメン大好きマンによるグルメブログ

体の半分がラーメンで作られている現役大学生が食べたラーメンや美味しかったものを紹介するblogです|

町田汁場しおらーめん 進化@町田

 

今回は雑誌「TRYラーメン大賞 2016−2017」の中から

まだ行けてなかったお店へようやく行けたので

紹介したいと思います!

 

名店部門の「塩」にて第2位となった

こちらのお店へ!

f:id:katsupin0218:20170630001551j:plain

小田急線の町田駅北口から歩くこと15分。

国道47号線沿いにお店はあります。

 

f:id:katsupin0218:20170630002241j:plain

かなりの距離でしたが、今までの経験から

「駅から遠いお店に美味しいお店あり」という

自分なりの法則を見つけたので、それを信じて

とことこと熱い中歩きました🚶

 

店内は横一線のカウンターが8席です。

f:id:katsupin0218:20170630003153j:plain

ラーメンを待つ間しばし1読。

「しおらーめん」には鶏のダシをベースにしているんですね!

そこに「5種類の塩をブレンドしたタレを合わせ」ていると。

5種類もの塩を組み合わせることってなかなかないので

凄いな〜と思わず感心してしまいました。

 

今回頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20170630003806j:plain

「しおらーめん ¥750」

 

眩しい透明感ですね✨

麺はここからのアングルでもスケスケでよく見えます!

 

スープを1口飲むとそこらへんの塩ラーメンとは比べ物に

ならないほどの鶏の豊かな旨味、コク、奥深さがあり、

塩特有の辛味、しょっぱさがなくむしろ優しい味わいを

同時に感じることができました!

レンゲでスープをすくっていく速度がおのずと

あがっていきます🔥

 

麺は自家製麺の細麺。

茹で加減がちょうどよく食感がgoodでした👍

 

f:id:katsupin0218:20170630005524j:plain

トッピングはネギ、チャーシュー×1、メンマ。

チャーシューは噛めば噛むほど出てくる肉汁とローストされた風味が

まるでハムのようで、ここ最近食べたチャーシューでは

1番驚きがありました!👀

 

他店に比べて、良心的な値段で食べられるのも良いですね👌

これだけ素晴らしいクオリティーなら1000円近くしても

おかしくないです!

シンプルながらもしっかりとしたインパクトがありつつ

ラーメンに対する丁寧さが身に沁みる1杯でした!

 

お店公式Twitter→@shioramenshinka

 

<アクセス>

東京都町田市森野3-18-17 ウイング森野 1F

小田急町田駅北口徒歩15分

 

<営業時間>

 (火〜金、土)

 昼:11:00〜15:00

 夜:18:00〜21:00

 (日・祝)

   11:00〜17:00

 

<定休日>

毎週月曜日(祝日の場合営業で火曜日休み)

 

中華そば 高はし@飯田橋

 

 

今回は少し変化球を!

 

このお店は自分の両親から紹介されました。

自分がここまでラーメンを好きになったきっかけを

作ってくれた父親、そして母親も

口を揃えて高評価を口にしていたので、

気になり訪問しました🏃

 

最寄駅はJR飯田橋駅

東口改札を出て道路を挟んだ向かい側の

雑居ビルの1階にありました。

その日はかなりの大雨だったので

店の外観の写真は撮れませんでしたが・・・

外観から雰囲気ありました。

「昔ながら」という言葉がぴったりです。

それもそのはず、何しろ自分の親が

知っているんですから(笑)

20年前に行ったと言っていたのでかなり歴史というか

年季の入った雰囲気でした。

 

そして店内に入ると

店主の奥さんが席に着くやいなや

「注文は?」と聞いてきます。

考える時間全く与えてくれません(笑)

なので、直前に一緒に入ったおっさんがコールした

同じメニューを注文するはめに。

 

ここまで振り切った接客は久しぶりだったので

むしろ新鮮に感じました😝

 

f:id:katsupin0218:20170627225209j:plain

雰囲気に飲まれまい!と店内の写真を1枚。

外観同様、店内も味でてます。

BGMは聴いたことのないカントリーミュージック

渋すぎました。。。

コの字型のカウンター9席で席間は狭め。

 

ちょうど厨房が目の前で作ってるところが

見えたのですが、店主さんは黙々と作り上げてました。

職人のような感じです👍

 

今回頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20170627225918j:plain

「雲呑麺 ¥980」

二郎系とはまた違ったインパクトありますよね!!

ワンタンのデカさも迫力あります🔥

 

スープを1口飲むと、ラードの油と塩味を感じます。

人によっては油が気になるかもしれないので

ここが好みの分かれ道です。

塩の方が強く、醤油の味を想像していたので

少し意表を突かれましたが、中間的な味です!

(一緒に入ったおっさんは薄味だと思ったのか

 卓上に置いてある醤油を足していました。)

 

そして、特徴的なことが1つ。

スープがむっちゃくちゃ熱い!!

スープの表面にラードの膜が入っているので

熱が逃げず、なかなか冷めません。。。(笑)

火傷は避けようとしても避けられません😅

 

麺は柔らかめのストレート麺。

 

f:id:katsupin0218:20170627234801j:plain

トッピングはたっぷりのネギ、

スープ上の4分の1を占める大きさのチャーシューが1枚、メンマ

ワンタンが5つ。このワンタンにひき肉がぎっしりと詰まってて

食べ応え抜群でした!!

 

これだけボリューミーかつ熱々なのは久々で

「食べる」というより「むさぼり」ました!!

 

店外から食事を終えるまで

いい意味で圧倒されました。

 

最近今どきのラーメンを食べていた自分にとって、

「これが昔ながらだ!」というインパクトが強くて

お店を出た後も余韻として残っていました。

 

今度は冬にこの熱々スープを

むさぼりに行きたいです!!

 

<アクセス>

東京都千代田区飯田橋3-11-30 千代田街ビル 1F

JR飯田橋駅 徒歩3分

 

<営業時間>

昼:11:30〜14:00
夜:17:00〜21:00

土曜日:11:30〜18:00

 

<定休日>

毎週日曜日

祝日

中華そば しば田@仙川

 

今回は少し遠出をして東京23区外へ進出してきました!

東京都調布市

千葉県人からすればなかなかの距離でした(笑)

ここまでして行きたかったのは自分自身のバイブルである

「TRY ラーメン大賞2016−2017版」にて

こちらのお店が醤油ラーメン部門にて

『第3位』であったということです!

醤油ラーメンが大好きな自分にとって

行かなきゃいけない!とずっと思っていました。

 

新宿から京王線の乗り継ぎが上手くいけば

15分でアクセスできます。

仙川駅南口を出て国道118号線へ。

祖師谷公園方面へ国道沿いを進み

途中の若葉町2丁目の信号を

右折し歩いて行くとお店は見えてきます。

というより、行列が見えてきます。

ここまでは駅から徒歩10分。

道幅がとても狭く、なおかつ交通量も多く

バスもかなりの頻度で走っているので向かうときは

注意が必要です!!

 

もちろん、お店の前も歩道は狭いです。

行列に並ぶなりの態度をしっかりと⚠️

行列へ連結してから30分して店内へ入れました。

さすが人気店です✨

 

今回頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20170625154947j:plain

「チャーシュー中華そば ¥980」

 

まず、容器から「中華そば」ですよね!

最近、こういった容器を見ていてなかったので

運ばれてきたときは「おっ、これこれ!」と

テンション上がりました。

 

スープを飲むと、豊かな香りと風味が!

鴨ガラをメインに魚介やハマグリなどの

食材を使ってダシをとっているそうです。

醤油は3種類以上を使用し、ブレンドされたもので

このダシに加わることで深みが加えられていました。

 

見た目以上に味覚へのインパクトがもの凄いです!

これがギャップってやつだなと。

 

f:id:katsupin0218:20170625161402j:plain

 

麺はストレートの細麺。全粒粉を使用しているそうです。

スープに負けない存在感を発揮していました!

トッピングはチャーシュー5枚、ネギ、カイワレ、メンマ×2

チャーシューは脂身が少なく、厚みも十分です!

心地よいしっとりとした食感はいつまでも噛み締めたい!!

と思わせるほどでした。

 

これだけシンプルな形で作り出していくとなると

他店との差別化は難しいのですが、ここのは

「平凡でいて非凡」。

矛盾した要素が1杯に詰まっていると感じました!

駅からのアクセスは時間がかかりますが

それをかけるだけの価値はあります!!

 

お店公式Twitter→@takashi5746

 

<アクセス>

東京都調布市若葉町2−25−20

京王線 仙川駅 徒歩10分

 

<営業時間>

:11:0015:00

:17:3020:30

 

<定休日>

毎週日曜日

毎週月曜日

麺や 金時 @江古田

 

今日は3年連続「ミシュランガイド ビブグルマン部門」獲得、

そして、先日TBSの「マツコの知らない世界」での

担々麺の特集にて取り上げられたこちらのお店を

紹介します!!

 

最寄駅は西武池袋線江古田駅

北口を出て日本大学芸術学部のキャンパスを

横目で見ながら歩くこと8分で

お店が見えてきます。

f:id:katsupin0218:20170612193816j:plain

この赤い看板が目印です。

f:id:katsupin0218:20170612193934j:plain

創業は2012年。

元々は千葉県の銚子市で「幸貴」という名前で営業しており、江古田へ

移転して名前も変えて現在に至るそうです。

 

ここのお店、驚きなのが店主さん1人で

お店を回されていること。いわゆる「ワンオペ」です。

なので、行列時間の目安が店頭に掲載されています。

10人並んでいる場合、30分

20人並んでいる場合、1時間

といったところです。

ランチタイム時に行ったので案の定行列があり

並ぶこと約40分で入店できました。

店内はL字型カウンターが7席です。

 

行列の整理、お客様の案内、調理まで全てを1人で

手際よくこなされている姿は感心しました。

 

さて、今回頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20170612195357j:plain

「濃厚汁なし担々麺 ¥780」

こちらの汁なし担々麺はなんと...

『1日40食限定』 なんです!!

12:30には売り切れの可能性ありという注意書きがあり

ちょうど行列に並んだのが12:30だったので

もしや...とは思っていましたが、この日は運が良いことに

なんとかギリギリセーフで間に合いました(汗)

 

トッピングはひき肉と青梗菜でシンプルです。

ひき肉のみで食べてみると甘めな味付けです。

ですが、混ぜてみるとダイレクトに伝わるラー油の辛味、

鼻を突き抜ける山椒の香りと

良いバランスがとられていてクセになる味わいを

演出していました。

f:id:katsupin0218:20170612200820j:plain

食感のアクセントとしてナッツが入っていました。

ナッツの香ばしさが辛味をうまく整えてくれます。

そして、核となる麺。

太ちぢれ麺で食感はモチモチしていて、これが

タレによく合うんです!!

相性抜群です👍

 

この汁なし担々麺は

最初は優しい口当たりがあって、食べ進めるうちに

段々と辛味が増して食後には口と舌にその刺激が

じわじわっと心地よく残っていきます。

この塩梅具合が絶妙でした👏

 

塩ラーメンもかなり有名なので

次は塩ラーメンを食べに行きたいです!

 

お店の公式Twitter→@kintoki0330

 

<アクセス>

東京都練馬区小竹町1-2-7

西武池袋線 江古田駅 徒歩8分

 

<営業時間>

昼:11:00〜14:00

夜:17:00〜20:30

夜は材料がなくなり次第終了

 

<定休日>

毎月第2火曜日
毎月第4火曜日
毎週月曜日

麺尊 RAGE@西荻窪

 

今回は都内でも住みたい街ランキング上位に入る吉祥寺駅から

東京方面へ1駅の西荻窪駅のラーメン屋さんを紹介します! 

こちらのお店は2016年、2017年のミシュランガイド

ビブグルマン部門にて2年連続で表彰されています。

以前からかなり気になっていて

やっと今回行くことが出来ました!!

 

南口を降りて歩くこと5分くらいでお店が見えてきます。

西荻窪駅からの道のりは魅力溢れるお店が多いので

このお店までに他店へ吸い寄せられないように

注意が必要です(笑)

 

f:id:katsupin0218:20170608201312j:plain

この白い幕が目印です!

 

f:id:katsupin0218:20170608201449j:plain

 木の板がオシャレな感じを出してます✨

 

f:id:katsupin0218:20170608201625j:plain

写真右端が店内入り口なのですがその途中には雑貨等が

並べられていてカフェのような佇まいです!

 

f:id:katsupin0218:20170608201850j:plain

日替わりで煮干し情報が更新されるみたいです。

 

店内は広々としていて居心地の良い雰囲気です。

4人用テーブルが1卓、厨房向きのカウンターが6席

壁向きのカウンターが5席あり、壁向きのカウンターは

席と席の感覚にゆとりがありました!

今時珍しく料金は後払い制になってます。

食券を先に買うシステムに慣れていたので

入店して一瞬焦りました(笑)

 

今回頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20170608221241j:plain

「軍鶏そば ¥800」

 

「THE シンプル」ですね!!

僕が大好きな系統です。

普通の醤油ラーメンに見えますが、、

食べてみると奥が深かった〜😊

 

スープは軍鶏を使用していて飲んだ途端

口いっぱいに鶏のふくよかな香りが広がり

幸福感に満たされました😄

鶏のじんわりとした余韻が無くなることなく、これを

保ち続けたくなるので次から次へと飲みたくなります!

そして、脂肪分が少ない軍鶏なので

あっさりしていて食べやすい!

麺は少し硬めのストレート麺。

 

f:id:katsupin0218:20170608230326j:plain

トッピングは

ジューシーな豚チャーシュー×1

しっとりとした仕上がりの鶏チャーシュー×1

かいわれ、ネギ、穂先メンマ。

 

トッピング、スープがとてもシンプルで

一見何の変哲のない醤油ラーメンに見えますが

シンプルだからこその強みが最大限に研ぎ澄まされていました!!

家の近くにあったら何度でも足を運んで

食べたくなるような味です!!

次は煮干しそば食べに行きたいです!

公式Twitter→@menson_rage

 

<アクセス>

東京都杉並区松庵3-37-22

中央線 西荻窪駅 徒歩5分

 

<営業時間>

昼:11:00〜15:00
夜:18:00〜21:00

(材料切れにより早めの閉店、提供できないラーメンあり

 公式Twitterにて情報提供)

 

<定休日>

毎週火曜日

支那そば 八雲@池尻大橋

 

僕がラーメン食べ歩きをする際、指標にしているもの...

ミシュラン ビブグルマン部門」を参考にしていると

前回のブログで書きました。

 

実はもう1つ指標にしているものがあります。

それは年に1回創刊されている

「 TRY 」というラーメン雑誌です。

これは以前のブログにも書いたので説明は省略しますが

今回はこの雑誌の中で気になっていたお店に

行けたので紹介したいと思います!

 

場所は渋谷から田園都市線で1駅の池尻大橋駅です!

改札を降りて東口方面へ。目黒川沿いの道から

1本入ったところにお店はありました。

f:id:katsupin0218:20170605232036j:plain

外見がラーメン屋さんとは思えないほどオシャレです✨

注意しないと見落としてしまいそうです。

 

上の写真は食後に撮影し14時前だったので

行列はなくなっているものの

ランチタイム時に行ったので案の定行列が出来ていました!

並ぶこと約40分で着席!

コの字型のカウンターが12席でした。

壁にはアートが飾られていたり、カフェにありそうな

照明もあり雰囲気も落ち着いた感じもあってか

女性の方もかなり多かったです。

 

今回頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20170605204653j:plain

「特製ワンタン麺 ハーフ 白だし ¥900」

 

醤油なのにこのクリアなスープ!凄いですよね!

白醤油を使用していて、通常の醤油よりは色が薄めなんです。

1口飲んでみると、しっかりとしたダシの旨味がありつつも

見た目以上に醤油の存在を感じられるので

薄いのかな?という心配は必要ありません。

ダシが単純な味わいそうに見えてかなーーり奥深い!

それもそのはず、約10種類の素材を

使用しているそうです。

そして、中毒性もあって飲めば飲むほど

深みが増していきました😄

 

麺は細麺のストレート。

縮れもあって、すすり甲斐がありました😌

 

f:id:katsupin0218:20170605232001j:plain

具は、豚チャーシュー×2

特製ワンタン×2、海老ワンタン×2

メンマ、ネギ、海苔。

チャーシューは今流行りの低温調理されたものではなく

しっかりと加熱されたもの。柔らかくて👍でした。

印象的だったのは2つのワンタン!

特製の方は正直、

今まで食べたワンタンで1番美味しかったです!

具に弾力があり、ジューシー。

味は主張しすぎず、かと言ってありふれたワンタンではないんです。

スープと良いバランスを取っていました!

一方、海老はすり身なのですが、全てがすり身ではなく

歯触りが丁度良い程に身を残しているので

海老のプリプリ感を楽しめました!

 

実は、このお店に来て気付いたことが1つ。

ラーメンを注文してからの提供時間が遅めなんです。

ですが、1杯にかける丁寧さというものが

このビジュアルだったり

味にも出ているのではないかな、と頂く側なりに解釈しました。

 

開店して15年以上経つこのお店が守ってきたであろう

美味しさや丁寧さはこれからも続けていって欲しいです!!

 

<アクセス>

東京都目黒区東山3−6−15

エザヤビル 1F

東急田園都市線 池尻大橋駅 徒歩5分

 

<営業時間>

昼:11:30〜15:30

夜:17:00〜21:00

 

<定休日>

毎週火曜日

トイ・ボックス@三ノ輪

 

 

僕がラーメンを食べ歩きする上で1つの指標としているもの

それは...

 

ミシュランガイド」の「ビブグルマン」部門!

 

ミシュランの星には惜しくも届かないもの、

安くて美味しいお店として認められた時にこの称号が与えられています。

選出されたラーメン店の中から

以前から行きたかったお店にやっと行けたので

今回はそのお店を紹介したいと思います!!

 

場所は荒川区東日暮里。

最寄り駅は東京メトロ日比谷線秋葉原駅から

埼玉方面へ4駅進んだ三ノ輪駅

3番出口から地上へ出て、常磐線の通るガード下に

お店は見えてきます。

f:id:katsupin0218:20170601232210j:plain

 

この赤い看板が目印です。

 

f:id:katsupin0218:20170601232348j:plain

外観はこんな感じです。

店内はL字型のカウンター8席。

かなりこじんまりとしていて厨房がとても近く

ラーメンを作る過程が全て余すことなく見れるので

ラーメン好きにはたまりません(笑)

 

今回頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20170601233402j:plain

「特製醤油ラーメン ¥1,050」

トッピングは豚チャーシューが2枚、鶏チャーシューが1枚

ワンタンが2個、穂先メンマ、味玉、ネギ。

2種類のチャーシューがあることで互いの違いを

より楽しむことができました。

豚は写真の通り、大きさがあって食べ応えがある一方、

鶏はしっとりとした食感です。

長さのある穂先メンマはコリコリとした歯触りがあり

お手製ワンタンもGOODでした。

 

f:id:katsupin0218:20170601235047j:plain

何より印象的だったのがスープでした!

「正統派」と呼べる実にシンプルな透き通った醤油です。

1口飲んでみると、鶏の旨味、奥深さを余すことなく感じられて

醤油ラーメン好きとしては至福の時間でした😄

とは言うものの鶏の風味に負けることなく、

主張しすぎない醤油のすっきりとした後味もあって

このバランスが凄い!!と思いました。

調べてみると、スープには鶏と水only。

これだけの材料だとごまかしの効かない難しさが

あると思われますが、そこを感じさせません。

 

麺は平打ちの細麺。食感が柔らかめでしなやかな感じがしました。

 

作る過程から味の細かい部分にまで

とても丁寧だな!という印象を受けました。

近所にあったら何度でも足を運びたい

そう思わせるようなお店でした。

塩と味噌も食べられるそうなので

また行ってみたいです!

 

お店のTwitterアカウント @kumahige_2

 

<アクセス>

東京都荒川区東日暮里1-1-3

東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅 徒歩5分

 

<営業時間>

火〜土 昼 11:00〜15:00

    夜 18:00〜21:00

日・祝 11:00〜15:00

 

<定休日>

毎週月曜日(祝日の場合昼のみ営業。

      翌日の火曜日が定休日。)

毎月第2火曜日