読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメン大好きマンによるグルメブログ

体の半分がラーメンで作られている現役大学生が食べたラーメンや美味しかったものを紹介するblogです|

鯛塩そば 灯花 @四ツ谷

 

 かなーーーり間があいてしまいましたが...

 就職活動が忙しく、ブログが更新できていませんでした。

 

 とはいうものの、説明会等でなかなか行く機会のない

 駅で降りられるので、ラーメンは食べていました。

 むしろ、大学での講義がある以上に(笑)

 

 ネタは溜まりに溜まっているので

 最近食べに行っているものから

 これからちょこちょこと出していこうと思います。

 

 ブログ再開1発目は以前も行ったことのある

 「鯛塩そば 灯花」さん。

 

 こちらは鯛のだしをベースにした

 塩味のラーメンを提供していて

 ラーメンのスープをお茶漬けのようにして

 食べられるのが特徴的なラーメン屋さんです!

 

 今回は事前にこちらのお店のTwitter情報にて

 キャッチしていた夏季限定の

 「冷やし麺」を頂きに行きました!

 

 食べに行った日は5月とは思えないほど

 とにかく暑かった!(笑)

 おまけにリクルートスーツを身にまとっていたので

 暑さ倍増です(汗)

 

 そんな状況のなか、頂いたのがこちら!

f:id:katsupin0218:20170524232349j:plain

 「芳醇冷やし鯛塩そば ¥980」

 

まず、ビジュアルから「夏」って感じしますよね!

トッピングはカイワレ、糸唐辛子、メンマ、チャーシュー

鯛のお刺身が2切れです。

(左側の緑色のトッピングは断定できませんでした...)

スープを1口飲むと、塩味なのでさっぱりしているものの

鯛の旨味、香りが口いっぱいに

広がっていきます。まさに「芳醇」という言葉がぴったりです!

f:id:katsupin0218:20170524230323j:plain

 

そして、鯛のお刺身を食べてみると、爽やかな風味を

感じることが出来ます。

実は梅のパウダーがトッピングされていて

ここでもさっぱりとした冷やし麺ならではの特徴が

出ていて、思わず関心してしまいました。

麺は細麺。喉越しが良かったです!

食べ進めていて不思議だったのはスープを飲めば飲むほど

鯛の旨味が増していったことなんですよね〜

 

これからの時期、暑くなっていくばかりで

ラーメンというものを避けがちですが

実はこういうものもあるんだっていうことを

知っていただきたいです!!

もちろん、通常メニューもオススメですよ✨

 

<アクセス>

東京都新宿区舟町12−13 石原ビル1階

都営新宿線 曙橋駅 徒歩3分

 

<営業時間>

11:00〜23:00

 

 

<定休日> 

なし

 

※以前掲載した時間と定休日から変更していました。

 行かれる方はご注意ください。

 

真鯛らーめん 麺魚 @錦糸町

 

2017年もついに始まりましたね!

 

久々の更新ですみません....

 

ここ最近、テストやらインターンシップやらでバタバタしてました...

 

しかし、その中でも2017年の初ラーメンは

絶対に美味しいのを食べよう!と心に決めていて

虎視眈々とそのタイミングを狙っていました。

 

新年にふさわしいラーメンってなんだろう?と考えたときに

かなり無理矢理ではあるものの...

新年=めでたい=鯛だ!!!という発想に(笑)

 

以前訪問した四ツ谷の灯花さんの鯛塩そばもいいなとは

思ったけれど、新たな店を開拓しようと決意し

 

以前、購入した「TRY ラーメン大賞 2016−2017」を

ぱらぱらと読み漁っていたら、そういえば

新人賞部門1位のお店は「鯛」を使ったラーメンだったと

気付き、

これは場所的にも定期券内だし行くしかない!!と

思い訪問しました。

 

JR錦糸町駅南口から大きい通りから住宅街方面に

歩いて行くとお店が見えてきます。

行ってみると、お店挟んで公園があるのですが、そこまで

行列が伸びていました!!

さすが、雑誌の影響力は凄い!と思いつつ行列へ✨

f:id:katsupin0218:20170207225839j:plain

並ぶ列が進むと、外装にはなんともインパクト抜群の鯛の絵が!

鯛の良い香りに励まされながら、それを横目に並ぶこと

1時間20分!

思いのほか並んでましたね〜

店内はカウンターになっていて、8席ありました。

 

ラーメンを待っている間、しばし一読。

f:id:katsupin0218:20170210112508j:plain

店主さんの地元は千葉県の船橋だそうですね!

勝手ながら親近感を湧きました(笑)

あまりお腹が空いていなかったので、ご飯を注文しませんでした。

注文すればよかったかなと少し後悔。。

 

まあ、そこはラーメンを味わうことだけに集中出来るかなと

ポジティブに捉えました😝

 

今回頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20170207233421j:plain

「真鯛ラーメン ¥800」

 

真鯛ラーメンでも「あっさり」と「濃厚」の2つがありましたが

「あっさり」を選択!

スープは塩味。1口飲んでみると、

鯛の旨味、風味がストレートに伝わってきました!

「ガツン」という表現がぴったりです。

でも、そこには魚特有の臭さ、荒々しさはまったくありません。

ここまで振り切った魚ベースのスープは正直初めてで驚きでした!!

麺は細麺で全粒粉を使用。このスープに負けないような

小麦いっぱいの香りを味わうことができ、存在感ありました。

f:id:katsupin0218:20170210114113j:plain

トッピングはチャーシュー、小松菜、柚子。

色どりが素晴らしいです👏

チャーシューは低温で調理されていて

ローストビーフに近い感じでした。

小松菜は店主さんの地元である船橋産の小松菜を使用。

シャキシャキした食感が良いアクセントとなっていました!

そして、柚子。これが凄くよかったです。

どうしても、魚で塩を使ったスープだと単調になってしまいがち...

そこに香り華やかな柚子が加えたことでスープに厚みが

プラスされていました!

 

ラーメン職人になる前は、和食の料理人、築地市場

魚の仲卸のお仕事をされていた店主さん。

そこで積み重ねてきキャリアがこの1杯に

凝縮されているように思えました!!

並ぶ価値は絶対にあります。

また機会あったら、次は「濃厚」を頂きます!

 

真鯛らーめん 麺魚

公式 Twitter→@1pnZ4nuD32cWMvP

 

<アクセス>

東京都墨田区江東橋2−5−3 井上ビル1F

JR総武線錦糸町駅より徒歩5分

 

<営業時間>

11:00〜スープ切れまで

Twitterにて告知)

 

<定休日>

毎週月曜日

ソラノイロ @麹町

 

「ラーメン」というと、チャーシューだったり

スープには必ずなくてはならないものがあります。

それは、鳥、豚、牛といった

いわゆる「動物系」というやつです。

不可欠な存在。

言うなれば、ラーメンにおける「心臓」の役割を

担っています。

 

しかし

 

これらの食材を一切使わず、野菜と魚のみを使って

独創性あふれるラーメンを

提供しているお店が都内に存在するんです!!!

 

今回はそのお店を紹介!

場所は、日本テレビのスタジオがある麹町です。

しかし、市ヶ谷駅からもそう遠くないので

市ヶ谷駅から歩きました。

 

住宅街が密集するところにお店はあります。

f:id:katsupin0218:20161229232206j:plain

f:id:katsupin0218:20161229232452j:plain

ラーメン屋さんとは思えないようなオシャレな外観!

テーブル席が2つ、カウンター席が7、8つ程。

店内はカフェのような雰囲気でした。

券売機の上には、ミシュランのビブグルマンの盾がありました!

 

ラーメンを頂く前に一読。

f:id:katsupin0218:20161230000056j:plain

本当に、「動物系」を使っていないですね!!

様々な野菜の名前が並んでいて、ここからラーメンが

生み出されているとは想像できません!

 

今回頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20161229235929j:plain

「特製 ベジソバ ¥1,050」

 

鮮やかでカラフルです!

「ラーメン」なのか疑ってしまうくらいです!

 

スープはにんじんジュースを使用したオレンジ色のスープ。

野菜なので、淡白で味気ない感じかと思いましたが

あっさり期待を裏切られました、いい意味で。

一言で表すと、野菜のポタージュです!!

深みがあって、しっかりコクも感じられます。

野菜の出汁ってこういうことなのかと納得しました😄

麺は少し辛味のあるオレンジ色の平打ち麺。

パプリカが練りこまれているそうです。 凄い...

感覚的には、「麺」よりも

「パスタ」の方が近いかもしれません。

トッピングは、サツマイモ、水菜、ピーマンなどの野菜と卵。

チャーシューの代わりにはサツマイモなんですね!

 

f:id:katsupin0218:20161230002133j:plain

 

食べている途中で、

丼の淵についている柚子胡椒(オレンジ色)を溶かして味変!

マイルドな中にキリッと柚子胡椒の辛味が加わり、

味が引き締まります!✨

 

「ラーメン」もとうとうここまできたか!!と思いました。

これは誰にも真似できないオンリーワンな1品です!

東京駅にも支店を構えるお店。

写真映えも確実だと思います!!

ラーメン史上最もヘルシーなラーメンを

味わってみてはいかがでしょうか??

 

公式Twitter → @soranoiro2011

 

 

<アクセス>

東京都千代田区平河町1-3-10 ブルービル本館1階

東京メトロ有楽町線 麹町駅 徒歩3分

 

<営業時間>

昼:11:00〜15:00

夜:18:00〜22:00

 

<定休日>

毎週日曜日

 

 

 

 

鯛塩そば 灯花 @曙橋

 

 

今回は、前回訪問した「塩そば 灯花」さんの

姉妹店であるこちらのお店へ訪問!

 

最寄り駅は曙橋駅ですが、行く前に地図を見たところ

四ツ谷駅からも歩けなくもない距離にあったので

僕は四ツ谷駅からアクセスしました。

 

歩いてみて思ったことがあり、お店の近くの

四谷三丁目エリアには

飲み屋さんがめちゃめちゃ多かったです!

 

中でも、食器やコップが試験管やビーカー、シャーレで提供され

エイヒレなどをアルコールランプであぶるという

まるで実験室にいるようなバーや、

店員さん全員が現役の僧侶であるバーなど

個性的なお店がとても気になりました。

(これは行くしかないな...)

 

そんなエリアを抜けた先にお店は見えてきます。

このお店の最大の特徴としては、高級魚の代表格と言える

「鯛」をふんだんに使用したラーメンです!

 

f:id:katsupin0218:20161229192543j:plain

この提灯が目印です。

 

f:id:katsupin0218:20161229193307j:plain

こんな看板も!人気の高さが伺えます。

 

お店に入ると店内いっぱいに鯛の香りが!!

一瞬でめでたい気分になりました😄   鯛だけに!

清潔感のある店内はカウンター10席。

女性客もちらほら見受けることが出来ました。

 

ラーメンを待っている間に卓上に置かれていたものを一読。

f:id:katsupin0218:20161229194142j:plain

スープをご飯にかけてお茶漬け風で食べていくスタイルです。

サイドメニューのご飯にも鯛が使用されています!

なんと高級なんだ...

 

今回、頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20161229200813j:plain

f:id:katsupin0218:20161229200859j:plain

「鯛塩そば 〜愛媛宇和島産地直送 鯛茶漬けセット〜」 ¥1,150

 

鯛のダシを利用した

透明な塩のスープは鯛の豊かな香りが存分に味わえます。

そして、何より口当たりが優しい!

魚介特有の臭さ、エグさ、

棘のある塩の感じは全く持って感じません。

お茶漬けにすることを頭に入れておかないと、

危うく飲み干してしまいそうになりました(笑)

麺は細麺なので、喉越しが👌

トッピングはネギとチャーシュー1枚とお麩と穂先メンマ。

 

一通り、ラーメンを1口ずつ食した後は

鯛飯と刺身を1口。

心配に思っていたご飯の炊き上がりもいい感じです!

胡麻和えされた刺身もそのまま

全部食べてしまいたいくらい美味しかったです!

胡麻と鯛ってどうしてこんなに

相性抜群なんでしょうね〜〜

 

お店がオススメされていた通り、

残った刺身を鯛飯の上に乗っけて、スープをかけて

お茶漬け風に。

これだけの役者が揃っているので、

美味い以外の言葉が見つかりませんでした...

途中で炒り玄米を入れることで、まろやかだった味に

香ばしさ、サクサクした食感がプラスされ、

これまた違った味わいになりました!!

 

「鯛」は高級魚でなかなか手を伸ばしづらい食べ物ですが

ここのお店では手軽に食べることが出来ます!👍

このラーメンだったら、飲んだ後の

〆にもいいかもしれないですね!

 

それにしても

「灯花」グループ恐るべしです!!!

圧倒されっぱなしです...

 先日、3店舗目の「京紫灯花百花繚乱」を

すでにオープンしている

2店の近くにオープンされたそうです。

 

これも行かねば!🏃

 

<アクセス>

東京都新宿区舟町12−13 石原ビル1階

都営新宿線 曙橋駅 徒歩3分

 

<営業時間>

昼 11:00〜15:00

夜 17:00〜23:00

 

 

<定休日>

毎週日曜日

 

金色不如帰 @ 幡ヶ谷

 

ミシュラン1つ星を見事に獲得した「鳴龍」さんで

素晴らしい担々麺を頂いたその夜、、、

 

またまた、ラーメンを頂いてしまいました。(笑)

でも、これ全然苦じゃないんですよね〜〜

むしろ、連食できることは自分にとってパラダイス😏

味も麺もお店の雰囲気もお店ごとに全く違うので

新鮮味があって凄くワクワクするんです。

 

一つ懸念材料を挙げるとするなら、「健康」ですね(笑)

運動をまともにしていないので

着実に「デブ」への路線を歩み始めています。

連食は、ほどほどにしないと...

気をつけねば!!!

 

さて、

今回は先日発表された

ミシュランガイド 2017」 において

「ビブグルマン」に選ばれたお店に訪問!

 

度々、このワードが僕のブログに

出てきているので、改めて説明を。

 

この「ビブグルマン」というものは評価指標です。

2014年から導入されました!

「従来の星の評価からは外れるものの、コストパフォーマンスが

高く、調査員がオススメしたいレストラン」が評価対象です!

主に、5,000円以下のお店が紹介されています。

日本版にはバラエティーに富んだ

22種類の和食に該当するカテゴリーが掲載されています。

そのカテゴリーの1つになんと「ラーメン」があるんです!

 

簡単に言うと

日本で安くて美味しいお店が掲載されているということです👍

 

美味しいもの好きならチェックすべきです!

僕もかなり重宝しています✨

 

今回は新宿から京王新線に乗ること2駅。

幡ヶ谷駅の路地裏にお店はありました。

f:id:katsupin0218:20161205183519j:plain

地図がないとたどり着けないです、確実に。

行く道中は商店街通りを通ります。

まさか新宿から2駅のところに商店街なんてあるとは

思っていなかったので、驚きました。

 

店内は薄暗くてかなり狭いです。

ディスプレイは年季が入ってるものばかりで、

どこか昔懐かしくさえ感じました。

カウンターは9席しかありません!

 

着席して待っている間に卓上に置かれた説明書きを1読。

f:id:katsupin0218:20161205185100j:plain

ものスゴイこだわり、探究心が伝わってきます!!!

カタカナ表記されている2つの食材は

「え!? ラーメンに使うの!?」と思ってしまいました。

使う食材の幅が広すぎます。。。 凄い...

 

頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20161205184920j:plain

「醤油そば ¥850」

 

スープを1口。

最初に蛤の旨味、匂いを感じることができたと思った矢先、

おそらく「セップ茸」と「黒トリュフ」と思しき食材

であろう香りが波状攻撃のように

ダイレクトに鼻まで広がっていきます。

飲み終わった後も存在感は絶大です!

正直、「セップ茸」も「黒トリュフ」も

味わったことのない未熟者ですが、

奥深い深みと芳醇さは感じられました。

 

f:id:katsupin0218:20161205215144j:plain

ものすごく複雑かつ重厚なスープだったので、

1口では全く理解できず、置いてけぼりにされた気分に(笑)

同時に、これだけの食材を上手く組み合わせて

1つにまとめ仕上げていることに

とても感心しました。

 

f:id:katsupin0218:20161205220107j:plain

麺は中細のストレート麺。

啜るたびに上品な香りを何回も楽しむことができます!

計算し尽くされています!!!

トッピングは九条ネギ、低温チャーシュー、穂先メンマ、

自家製セップ茸のオイルとフレーク、黒トリュフソース。

1つ1つ完璧でした!

 

これまで多くのラーメンを食べてきましたが、

今までに味わったことのない「革新的」なラーメンです!

自分の中の「ラーメン」という概念が

また一つ壊されました。。。

 

今回はミシュランの星を逃しましたが、来年には

獲っていてもおかしくない!  そう思いました。

 

こちらのお店は

 

毎週木曜日 「裏不如帰」    煮干し系中華そば 

毎週金曜日 「金色不如帰 覇」 味噌ラーメン&動物系中華そば 

 

と暖簾やコンセプトをがらっと変えています。

普通は

お店の主力で出しているラーメン + 主力とは違ったラーメン

の2種類ですが、

こちらの店舗ではなんと3通りのラーメンが味わえます。

 

これも機会があったら行ってみたいです!

 

 

<アクセス>

東京都渋谷区幡ヶ谷2−47−12

京王新線 幡ヶ谷駅北口 徒歩3分

 

 

<営業時間>

昼 11:30〜15:00

夜 18:30〜22:00

※材料が終了次第、閉店。昼の部のみで終了あり。

※材料が揃わない場合は臨時休業あり。

 

 

<定休日>

毎週木曜日(「裏不如帰」として営業

毎週金曜日(「金色不如帰 覇」として営業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

創作麺工房 鳴龍@大塚

 

山手線の池袋〜秋葉原までの各駅は

他の駅と比べると地味だし、最近は「谷根千エリア」が

注目されてきたものの依然として知名度はイマイチ...

 

今日はそんな考えを180度変えたいと思います!!!

行って満足できるお店、あります!

 

実はこのお店、11/30に訪問したのですが

もともとその2日前に行くことは決まっていました。

 

が!しかし!

行く前日(11/29)に

とんでもないニュースが飛び込んできました。

 

ミシュランガイド東京 2017

 ラーメン店『鳴龍』が1つ星に輝く。」

 

!!!

 

去年、巣鴨の「蔦」さんが

ラーメン界史上初のミシュランの星を

獲得してから1年。。

ついに2店舗目が!!

 

こうやって、日本のソウルフード「ラーメン」が

世界中で評価され始めていることに

とても感激しました(泣)

 

しかも、奇しくも訪問予定のお店。

混雑が予想されるとはいえ、これは行くしかない!と思い

一緒に行く予定だった友達に伝えると

快くOKしてくれました✌️

 

大塚駅を降りて南口方面へ。

閑静な住宅街の中にお店はありました。

f:id:katsupin0218:20161201001258j:plain

やはり、並んでます。

しかも、テレビ取材も入ってます。

自分が並んでた前の前にテレビ局のアナウンサーの方が並んでいました。

 

ここから、入り口付近のベンチに座っていらっしゃる方のところに

たどり着くまでが長かったです😅

実に、 約2時間  かかりました。

f:id:katsupin0218:20161201002542j:plain

並ぶのは嫌いではないですが、この日は寒さもあって

さすがにしんどかったです。

しかし、入り口に近づくにつれ、胡麻のいい匂いが!

これのお陰で頑張れました!(笑)

 

今回、頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20161201003120j:plain

「担々麺 ¥800 + 替え玉 ¥100」

 

スープを一口含むと、クリーミーな胡麻の香りが

鼻の奥までふわっと広がっていきます。

そうなんです。この担々麺。一口目が「甘い」んです!

しかし、飲み進めていくと、ラー油の辛味、

山椒の独特な香りをしっかりと感じることができます。

f:id:katsupin0218:20161201004911j:plain

高級料理店のような上品さと辛さが後引く中毒性を

兼ね備えたスープに一瞬で虜になりました😃

さすがは香港の有名中華料理店で腕を振るっていただけあって

ここら辺の辛さと旨さのバランスが絶妙です!!

 

f:id:katsupin0218:20161201004959j:plain

 

麺はパキッとした細麺。

口の中にするすると入っていきます。喉越しgood!!

スープが美味しすぎて、替え玉の為のスープを残すのに

めちゃめちゃ苦労しました(笑)

差し色のトッピングのネギもいいアクセントです。

カウンターに置かれている花山椒をかけると

さらに華やかな香り、程よい辛味がプラスされ

また違った味わいに✨

 

やはり、ミシュランを獲得したお店だと実感!!!

スープはもちろん飲み干しました😁

担々麺だけでなく、醤油、塩、つけ麺も

かなりレベルが高いそうなので

ミシュランフィーバーが収まった頃にでも再訪します。絶対!

 

1つ気になるのが、店主さんの体調。

Twitterのアカウント(@NAKIRYU)ではここ最近、

店主さんの腰痛による

臨時休業のお知らせが多くなってきています。

無理をなさらずに、世界基準の味を

仲睦まじい夫婦お2人で

いつまでも作り続けていって欲しいと

願うばかりです🙇

 

<アクセス>

東京都豊島区南大塚2−34−4 SKY南大塚1F

JR山手線 大塚駅 徒歩6分

 

<営業時間>

ランチ   11:30〜15:00

ディナー  18:00〜21:00

(材料切れによる早めの閉店あり

 最新情報はTwitterにて確認)

 

<定休日>

毎週火曜日

くろ㐂 @秋葉原

 

 

実は前回の投稿の「青島食堂」さんでお昼に

ラーメンを頂いたその日、またもや夜に

秋葉原でラーメンを頂きました!(笑)

 

いわゆる、「はしごラーメン」ですね。

 

今回のお店は僕がいつかは訪れたいと熱望していた

お店のうちの1つ。

「青島食堂」さんと同じく

秋葉原駅昭和通り改札から浅草橋駅方面へ

歩いて行くとこちらのお店はあります。

 

店主さんは、料亭、イタリアンを経て

このラーメンの世界へ飛び込みました。

 

そして、もう1つこのお店には特徴が。

通常営業で提供しているラーメンとは異なり

メニュー、のれんをガラッと変えて

曜日や営業時間によって展開していく店舗が

都内にはいくつか存在します。

これをラーメン界では二毛作と呼んでいます。

1つのお店で全く違う2種類のラーメンを

味わうことができるんです!

こちらのお店もそのお店のうちの1つ!

 

「くろ㐂」さんでは毎週金曜日に

店名を   「饗 くろ㐂」    → 「紫 くろ㐂」   へ

メニューを 「塩」「味噌」中心  →「鴨そば」数種    に

変えて営業をしています。

f:id:katsupin0218:20161117122802j:plain

 

今回は金曜日に訪れたので、「紫 くろ㐂」でした。

夜の部が始まって30分後にお店に向かうと...

既に15人ほどの行列が!!!

 

並ぶこと30分。ようやく入店!

店内はカウンターが8席、テーブル4席。

テーブル席があるのが新鮮でした!

 

席に着いて待つことなく

わずか1分半で来ました!

びっくりです、さすが有名店となると

ここら辺は徹底されていますね!

 

頂いたのはこちら。

f:id:katsupin0218:20161117123352j:plain

「鴨そば 細麺 ¥900」

 

食券を購入する際に、細麺 or 手もみ麺 を選ぶことが出来たので

細麺をチョイスしました!

 

スープを1口飲むと鴨の出汁で体が満たされていきます😊

香味野菜の旨みも後から感じられます。

醤油は「杉樽で作る昔ながらの製法を守る

小豆島の醤油を使用」しているそうで、

店主さんの醤油への探究心が伺えます✨

 

麺はパキっとした細麺。

細麺は「小麦香るパン用粉メインにブレンド」しているそうで

小麦の香り、コシを味わえます!

 

いや〜〜

すごいです!!! このスープと麺!

醤油ラーメンというより

すごく上品な蕎麦を頂いているかのような

錯覚に陥ります!

 

f:id:katsupin0218:20161117125534j:plain

トッピングはローストされた鴨チャーシューが2枚、

春菊、玉ねぎ、カボス、長ネギ。

玉ねぎは甘みが存分に出ていて🙆

普段は進んで食べない春菊も食べることが出来ました(笑)

色合いもバッチリです👍

久しぶりにスープを飲み干しました!

 

店主さんが料亭で培ってきた全てが

この1杯に詰まっています!

生涯食べたラーメンの中でも美味しさで

間違いなくトップに入ります!!

 

今度は金曜日以外の曜日にも

訪れたいです🔥 🔥

 

 

<アクセス>

東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館 1F

JR 総武線 秋葉原駅 徒歩10分

JR 総武線 浅草橋駅 徒歩7分

 

 

<営業時間>

饗 くろ㐂

  11:30〜15:00

  18:00〜21:00

・紫 くろ㐂(金曜日限定)

  11:30〜14:00

  18:00〜20:30

(いずれも材料切れ次第営業終了)

 

 

<定休日>

毎週水曜日の夜営業

毎週日曜日
祝日