読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメン大好きマンによるグルメブログ

体の半分がラーメンで作られている現役大学生が食べたラーメンや美味しかったものを紹介するblogです|

鯛塩そば 灯花 @曙橋

 

 

今回は、前回訪問した「塩そば 灯花」さんの

姉妹店であるこちらのお店へ訪問!

 

最寄り駅は曙橋駅ですが、行く前に地図を見たところ

四ツ谷駅からも歩けなくもない距離にあったので

僕は四ツ谷駅からアクセスしました。

 

歩いてみて思ったことがあり、お店の近くの

四谷三丁目エリアには

飲み屋さんがめちゃめちゃ多かったです!

 

中でも、食器やコップが試験管やビーカー、シャーレで提供され

エイヒレなどをアルコールランプであぶるという

まるで実験室にいるようなバーや、

店員さん全員が現役の僧侶であるバーなど

個性的なお店がとても気になりました。

(これは行くしかないな...)

 

そんなエリアを抜けた先にお店は見えてきます。

このお店の最大の特徴としては、高級魚の代表格と言える

「鯛」をふんだんに使用したラーメンです!

 

f:id:katsupin0218:20161229192543j:plain

この提灯が目印です。

 

f:id:katsupin0218:20161229193307j:plain

こんな看板も!人気の高さが伺えます。

 

お店に入ると店内いっぱいに鯛の香りが!!

一瞬でめでたい気分になりました😄   鯛だけに!

清潔感のある店内はカウンター10席。

女性客もちらほら見受けることが出来ました。

 

ラーメンを待っている間に卓上に置かれていたものを一読。

f:id:katsupin0218:20161229194142j:plain

スープをご飯にかけてお茶漬け風で食べていくスタイルです。

サイドメニューのご飯にも鯛が使用されています!

なんと高級なんだ...

 

今回、頂いたのはこちら!

f:id:katsupin0218:20161229200813j:plain

f:id:katsupin0218:20161229200859j:plain

「鯛塩そば 〜愛媛宇和島産地直送 鯛茶漬けセット〜」 ¥1,150

 

鯛のダシを利用した

透明な塩のスープは鯛の豊かな香りが存分に味わえます。

そして、何より口当たりが優しい!

魚介特有の臭さ、エグさ、

棘のある塩の感じは全く持って感じません。

お茶漬けにすることを頭に入れておかないと、

危うく飲み干してしまいそうになりました(笑)

麺は細麺なので、喉越しが👌

トッピングはネギとチャーシュー1枚とお麩と穂先メンマ。

 

一通り、ラーメンを1口ずつ食した後は

鯛飯と刺身を1口。

心配に思っていたご飯の炊き上がりもいい感じです!

胡麻和えされた刺身もそのまま

全部食べてしまいたいくらい美味しかったです!

胡麻と鯛ってどうしてこんなに

相性抜群なんでしょうね〜〜

 

お店がオススメされていた通り、

残った刺身を鯛飯の上に乗っけて、スープをかけて

お茶漬け風に。

これだけの役者が揃っているので、

美味い以外の言葉が見つかりませんでした...

途中で炒り玄米を入れることで、まろやかだった味に

香ばしさ、サクサクした食感がプラスされ、

これまた違った味わいになりました!!

 

「鯛」は高級魚でなかなか手を伸ばしづらい食べ物ですが

ここのお店では手軽に食べることが出来ます!👍

このラーメンだったら、飲んだ後の

〆にもいいかもしれないですね!

 

それにしても

「灯花」グループ恐るべしです!!!

圧倒されっぱなしです...

 先日、3店舗目の「京紫灯花百花繚乱」を

すでにオープンしている

2店の近くにオープンされたそうです。

 

これも行かねば!🏃

 

<アクセス>

東京都新宿区舟町12−13 石原ビル1階

都営新宿線 曙橋駅 徒歩3分

 

<営業時間>

昼 11:00〜15:00

夜 17:00〜23:00

 

 

<定休日>

毎週日曜日