ラーメン大好きマンによるグルメブログ

体の半分がラーメンで作られている現役大学生が食べたラーメンや美味しかったものを紹介するblogです|

くろ㐂 @秋葉原

 

 

実は前回の投稿の「青島食堂」さんでお昼に

ラーメンを頂いたその日、またもや夜に

秋葉原でラーメンを頂きました!(笑)

 

いわゆる、「はしごラーメン」ですね。

 

今回のお店は僕がいつかは訪れたいと熱望していた

お店のうちの1つ。

「青島食堂」さんと同じく

秋葉原駅昭和通り改札から浅草橋駅方面へ

歩いて行くとこちらのお店はあります。

 

店主さんは、料亭、イタリアンを経て

このラーメンの世界へ飛び込みました。

 

そして、もう1つこのお店には特徴が。

通常営業で提供しているラーメンとは異なり

メニュー、のれんをガラッと変えて

曜日や営業時間によって展開していく店舗が

都内にはいくつか存在します。

これをラーメン界では二毛作と呼んでいます。

1つのお店で全く違う2種類のラーメンを

味わうことができるんです!

こちらのお店もそのお店のうちの1つ!

 

「くろ㐂」さんでは毎週金曜日に

店名を   「饗 くろ㐂」    → 「紫 くろ㐂」   へ

メニューを 「塩」「味噌」中心  →「鴨そば」数種    に

変えて営業をしています。

f:id:katsupin0218:20161117122802j:plain

 

今回は金曜日に訪れたので、「紫 くろ㐂」でした。

夜の部が始まって30分後にお店に向かうと...

既に15人ほどの行列が!!!

 

並ぶこと30分。ようやく入店!

店内はカウンターが8席、テーブル4席。

テーブル席があるのが新鮮でした!

 

席に着いて待つことなく

わずか1分半で来ました!

びっくりです、さすが有名店となると

ここら辺は徹底されていますね!

 

頂いたのはこちら。

f:id:katsupin0218:20161117123352j:plain

「鴨そば 細麺 ¥900」

 

食券を購入する際に、細麺 or 手もみ麺 を選ぶことが出来たので

細麺をチョイスしました!

 

スープを1口飲むと鴨の出汁で体が満たされていきます?

香味野菜の旨みも後から感じられます。

醤油は「杉樽で作る昔ながらの製法を守る

小豆島の醤油を使用」しているそうで、

店主さんの醤油への探究心が伺えます✨

 

麺はパキっとした細麺。

細麺は「小麦香るパン用粉メインにブレンド」しているそうで

小麦の香り、コシを味わえます!

 

いや〜〜

すごいです!!! このスープと麺!

醤油ラーメンというより

すごく上品な蕎麦を頂いているかのような

錯覚に陥ります!

 

f:id:katsupin0218:20161117125534j:plain

トッピングはローストされた鴨チャーシューが2枚、

春菊、玉ねぎ、カボス、長ネギ。

玉ねぎは甘みが存分に出ていて?

普段は進んで食べない春菊も食べることが出来ました(笑)

色合いもバッチリです?

久しぶりにスープを飲み干しました!

 

店主さんが料亭で培ってきた全てが

この1杯に詰まっています!

生涯食べたラーメンの中でも美味しさで

間違いなくトップに入ります!!

 

今度は金曜日以外の曜日にも

訪れたいです? ?

 

 

<アクセス>

東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館 1F

JR 総武線 秋葉原駅 徒歩10分

JR 総武線 浅草橋駅 徒歩7分

 

 

<営業時間>

饗 くろ㐂

  11:30〜15:00

  18:00〜21:00

・紫 くろ㐂(金曜日限定)

  11:30〜14:00

  18:00〜20:30

(いずれも材料切れ次第営業終了)

 

 

<定休日>

毎週水曜日の夜営業

毎週日曜日
祝日